2015年05月28日

安定化電源の修理

 ICOM製の安定化電源がこわれてかれこれ3週間、ようやく修理が出来ました。
IC-PS15という型式でして随分昔のものです、どうしようか迷っていたのですが修理することにしました。
負荷をかけると電圧が下がってしまうという症状です。
整流後のコンデンサのところでは電圧低下は起こらないので、制御回路の不具合のようです。

 2SB436 と 2SC945 のトランジスタが使われていました。
テスターでのチェックは問題なさそうです、足の腐食もないんですが・・・
それでも問題の多い 2SC945 を変えてみました、代打は万能選手の 2SC1815 です。

 早速テスト、どうやら正解のようです、電圧のドロップは止まりました。
ついでに大容量の電解コンデンサも交換しておきました。
プラス側の電極に僅かなガタがあります、この先問題が起こりそうです。
とはいえ、25V 56000μFもの大容量です、簡単には手に入りそうにありません。
例えあったとしても、かなりの高額でしょう・・・
ここは思い切って容量を減らしておくことにしました。
4700μFを2個で我慢です、4個入りですごく安かったので買っておいたものです。

 今回は数百円の出費で修理することが出来ました、ラッキー!!

avr.png

タグ:安定化電源
posted by Beny at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

フランスからのメール 完結編

 フランスからのQSLカードが今日届きました、ちゃんと返信用の封筒も入っています。
切手も貼ってあります、当然ですが日本の切手です。
ごく近いところに日本人がいるような気がします、奥様かもしれませんね・・・

 外国の方が書く独特の文字ですね、日本人は書けないような気がします。
英語圏にかぎらず、南米やロシアの方もこんな文字を書いているのを目にします。
住所なんかが書かれているので、公表しませんが・・・

届いたQSLカードです。

F6_QSL.jpg


 今回のメールで感じたこと。
相手からのメールはごく易しい表現で書かれていたので、英語の出来ない私でもわかりました。
ところが、簡単と思われる文章に返事が書けません。
普段普通に使っている内容が英語で書けないんです、仮に1行書けても次の文章が書けない。
話が展開していきません、悲しいですね・・・

 ネット上の翻訳サービスを使っても、「こんな難しい表現するの」って文章が出来上がります。
もっと簡単な表現ができないのかなと思ってしまいます。
単に知識がないからそう感じるのかもしれませんし、書き言葉では正しい表現かもしれませんが。
どちらにしても、少し勉強の必要を感じました。
しかし、よく考えると漢字でも読めるけれど書けないってうんざりするほど有りますよね。
まあいいかってあっさりと諦めてしまうような気がしますけど・・・

 英語で Twitter なんて思ったりしたけれど、続かないよナ〜 !!
 

posted by Beny at 22:36| Comment(0) | 無線日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

eDX アワードをいただきました

 eQSLのサイトで発行しているアワードを申請してみました、以前から申請できる状態ではあったのですが、ようやくといった具合です。
eDXというものなんですが、60カントリーを過ぎてからなかなか増えないものですから・・・
アパマンハムでは結構厳しいです。
申請は無料ですが無料会員ではできません、少しの寄付をすれば会員ランクが上がり申請できるようになります。
もう1つ日本のものが申請できますが、もう少し先にすることにしました。
印刷は自分でしないといけません、ちゃんと盾になったものは85ドル必要です。
高いので遠慮しています。

edx.png


タグ:アワード edX
posted by Beny at 15:19| Comment(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする