2015年05月03日

フランスからのメール 交信編

 朝6時に目が覚めました、そろそろ起きて準備をしないといけません。
一番必要な準備はぼーっとした頭を何とかすること、これがなかなか手こずる作業です。

 無線機の電源を入れバンド内の状況をチェックしてみました、デジタルモードではヨーロッパが聞こえています。
CWはどうでしょうか・・・、ごく弱い信号が数局聞こえている程度です。
やはり無理かなと思いつつ約束した周波数で待機、10分ほど前に「?」の符号が発信されました。
強い信号です、国内の局でしょうか、それともフランスから?
約束の時間の数分前に当局をコールしてきます、強い!!
なぜこんなに強いのかと思いながら応答、こちらの信号も強く届いているとのこと。
残念ながらまだ体は起きておらずしどろもどろになってしまいました、信号が強いだけにごまかしようがありませんね。
恥ずかしながら、なんとか交信を終えました。

 その後もしばらく日本の局と交信されていました、何局ぐらい交信できたんでしょうね?
食い気優先でモニターするのは中断。

 しばらくたって彼からメールが届きました、大喜びの様子です。
" amazing " などと表現されています、ほんとにそう思いました。
普段こんなに強い信号なんて聞こえませんから。 

 ちゃんとお役に立てたようです、よかったよかった!!
QSLカードは直接郵送してくれるそうです、楽しみに待ちましょう・・・
彼いわく、しばらくこの時間帯に運用してみるそうです。

 頑張れ!
posted by Beny at 16:16| Comment(0) | 無線日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする