2016年03月29日

3.5MHzの状況

 3.5MHzに出れるようになって3日になりました、初日は2局、2日めは1局と低調でした。
今日はコンディションがいいのかたくさんの方が出ており、6局の方と交信できました。
お相手いただいた局長さん、ありがとうございました。

 最初はこんなに誰も出ていないのかなと思いましたが、これで一安心です。
北海道の方とも交信できましたし、思っていたほど悪いレポートは帰ってきませんでした。
でも、ほとんどが他のバンドでも交信したことがある局でした、この調子ではすぐに頭打ちになりそうです。

 世界標準となる 3.576MHzをちょっと聞いてみました、この周波数は日本ではアマチュアバンドから外れてしまうので電波は出せません。
誰かが出ています、ん? コールからするとカリフォルニアの局ですが・・・
私のしょぼいアンテナでこんなに聞こえるのはおかしいんだけど・・・
グリッドロケーターの表示がないので、残念ながら本当にアメリカなのか確認できませんでした。
しかし、PSKREPORTER.INFO のサイトで調べると、やはりカリフォルニアから出ているようです。
う〜〜ん スゲエ!!
posted by Beny at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

3.5MHzに出てみたい

 今のところ7MHzから21MHzまでJT65で運用しているのですが、3.5MHzにも出てみようかと思っています。
以前CWで少し試したのですが、ベランダに設置した短いアンテナではほとんどダメだったのですが、もう一度JT65モードでトライしてみようと思うようになりました。

 20mの長さがあれば理想なんですが、現実は6m程度のワイヤーが現在のアンテナです。
アンテナチューナーもワイヤーアンテナ用の端子が無く同調範囲が狭いものです、そのままではとても使える状態にはなりません。
アンテナとしての効率は悪くなりますが、コイルを入れてチューニングが取れるようにごまかして使えるようにします。

 チューナーの調整範囲に入ればいいので、適当に作りました。
毎度のことながら廃品の再利用なので、見た目は良くありません。ちょっけい10cm程の味付け海苔が入っていた容器に電線を巻いています。
電線も廃材です、電源コードを裂いたものを使っています。
1本では足りないので3本使いました、全体で7.5mほどありました。

coil.jpg


 アンテナに繋いでみるとバッチリです、SWR計はほとんど振れません。
うまく同調していますが、効率が悪いのでどの程度飛ぶかは未知数です。
ちょっと楽しみです・・・

posted by Beny at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

アンテナチューナーが壊れた

 なにかおかしいなと思いながら使っていました、送信すると何やらゴロゴロと小さな音がしていました。
無線機に内蔵されたオートアンテナチューナーが動いている音でした、通常は送信中に動くことはありません。
ベランダに置いている手動のアンテナチューナーを見るとSWRがすごく高い状態です、チューニングをとろうとしてもすごく不安定でうまくいきません。

 「プチッツ」と小さな音が出ました、ヤバイとおもた時はすでに時遅し、なんとも言えぬ匂いが出てきました。
アンテナ1と2を切り替えるスイッチが動かなくなっています、ケースを開けてみるとスイッチが焼けていました。
以前にもチューナーを通すかスルーさせるかのスイッチが同じように焼けてしまいました、雨が掛からないようにはしていますがもうずいぶん古いものなので接触不良が原因でしょう。

 このタイプのスイッチは店頭では見かけなくなってしまいました、通販では手に入るようですが送料が高いので困ります。
ベランダにはそうたくさんのアンテナは付けられないので、切り替えをなくし直接つなぎアンテナは1回路だけで使うようにしました。
これでまたしばらくは使えそうです、あとはロータリースイッチが心配ですが・・・

tuner.jpg

posted by Beny at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする