2016年06月11日

アンテナの小細工

 未知なるバンドへ進出のためアンテナのリメイク(?)をしてみました。
目指すのは24MHz帯です、まだ電波を出したことがないバンドです。
28MHz用の短縮ホイップが余っているので少しばかりの細工でなんとかならないか試して見ました、全長1m程度の自作センターローディングタイプのものです。
けっこういい加減に作ってはいますが、コイルの巻き替えは構造上ちょっと大変です、すべてがハンダ付けで作ってあるものですから・・・

 周波数的に近いので、先端部分を延長すればなんとかなるかな・・・ って単純な発想です。
僅かな経験上の感でこれぐらいかなと思われる長さプラスアルファをハンダ付けで付けてみました、我が家にはアンテナアナライザーなどと高級なものはないので感プラスSWR計なんです。
SWRを見てみると結構いい線いっていますが予想通り少し長いようです、1cmほど2回切ってみましたがSWRが2を少し下回る程度です。
インピーダンスの問題でしょうね、コンデンサーでも付けてごまかしてみましょうかってことで探すといくつか見つかりましたが、表示が消えてしまって容量が不明です。

 安物とはいえ容量計もついたテスターでは買ってみると43PF だって、そうすると47PFかな・・・
試しに繋いでみると、SWRが1.4程度まで下がりました、実用範囲なのでこれで試してみようと思います。
仮付ですがこのままになるんだろうな・・・

 測定用の電波を出しただけで本日はここまで、近隣のアジア諸国と28MHzでQSOしておきました。
24MHzはまたのお楽しみということで・・・

ant12.jpg

 先端のヨレヨレの部分が追加した銅線、コネクター部分の物体がコンデンサーです。
逆光でわかりにくのでボロさがごまかされています。 (笑)


posted by Beny at 23:20| Comment(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする