2017年05月14日

IC-7200 USBケーブルでデジタルモードを運用 JT65,JT9編

 Windows10にWSJT-Xをインストールしてみました、USBケーブルのみでの接続でテスト運用です。
まずWSJT-Xのダウンロードで引っかかりました、Firefoxを使っているんですが、セキュリティーに問題ありとしてページが表示されません。
警告を解除してダウンロードしようかと思ったのですが、1つ古いバージョンのものが残っていたので使うことにしました。
インストールは簡単です、メニューは英語表示ですがそう難しくはありません。
ソフトによっては日本語表示に改造しているのもあるようですが、なんかかえって見づらく感じるのは私だけ?
USBケーブルのみで動かせるのはWSJT-Xだけだと思っていますが、他のソフトはどうなんでしょうね・・・

 まず基本の設定をします、「File」から「Settings」を開きます。
「General」タブのところで自局のコールサインとグリッドロケーターを入力します、残りの項目は必要に応じてチェックを入れてください。

wsjt1.jpg

 次は「Radio」タブです、「Rig」はIC-7200を選択、「Serial Port」は「RTTY編」で調べたCOMポートを選びます(私の場合はCOM4でした)
後のところは画像を参考にしてください。

wsjt2.jpg

 「Audio」タブでは Input,Output ともにマイク、スピーカーのUSB Audio CODEC を選択します。

wsjt3.jpg

 最後は「Furequncies」です、ここには海外仕様の周波数も書かれているので不要なものは削除してもかまいません。
日本国内QSOでは7.041MHz,3.531MHzが使われているので追加しておきます、ここに書き込んでおかないと7MHzで国内向けの運用をしようとしてもソフトがエラーを吐き出します。
WSJT-Xの画面上で周波数を変えてやれば、無線機の方も周波数が変わるのでIC-7200のバンド切り替え操作は不要です。

wsjt4.jpg

 細かな設定は省いていますので、必要に応じてチェックを入れてください。
実際の運用は必ず変更申請をしてください、運用周波数が決まっているのでチェックされて違反で捕まっているニュースを何度か目にしています。

 テストでわかったこと、PCが力不足なんでしょうね、動画や画像の多いサイトを見ながら受信しているとデコードしてくれませんでした。
たくさんの信号が聞こえているのに1局もコールが表示されないことが起こります、動画を止めればよくなるんですけど・・・
それからダミーロードでのテストは最小のパワーでテストしてください、50秒近くフルパワーで送信するのですごく熱を持ってきます。






posted by Beny at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする