2015年01月18日

短縮アンテナの便利な技

 アパマンハムとしてはどうしても短縮アンテナを使うことになります、モービルホイップもよく使われるのではないかと思います。
我が家でも、コメットの7MHz センターローディングタイプのアンテナが有ります。
もう廃番になったんでしょうか? 1m少々の短い方ですが・・・
10m必要なところを1mちょっとに短縮しているので、使用できる帯域幅が非常に狭くなっています。
ちょっと不便なので、小細工をしています。

 普段使うところより少し高い周波数で合わせています、短縮コイルの上の方にゼムクリップを付けています。
3cmのクリップで、約40khz低い方に同調点が移動します。
小さいものをつければ、同調点の移動は少なくなります。
わたしのところの環境での数値なので、状況が変われば違った値になると思います。

 付ける位置を変えたり、取り付けるものを変えてみてテストするのも面白いかも・・・

7ant.jpg

ラベル:短縮アンテナ
posted by Beny at 21:13| Comment(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: