2016年06月16日

IC-7200もDSCWを使うことに

 IC-7200 でCWの運用をするにための便利なフリーソフトである「DSCW」を使うことにしました、パソコンのキーボードを使ってCW(電信)が運用できます、また、符号の解読もやってくれます。
それによく使う文章などは記憶できるので非常に便利です、すでに別の無線機で使っているのでおおむね操作方法はわかっています。
今度はWindows10で動かすことにしました、ただこのソフトでは無線機との接続はUSBケーブル1本とはいかないようです。
    (多分そうだと思うんだけど、USBケーブルだけで使えるといいんだけど・・・   ソフト次第か?)
無線機からの音声はUSBでPCに取り込みます、CWの送信にはシリアルポートの制御信号でCWの符号を出していきます。
そこで、USB-RS232C変換ケーブルを使います、手持ちのものはずいぶん古いものなのでWindows10で使えるのかどうか心配でしたが、すんなりと認識してくれました。

232c.jpg

 左はUSBからRS232Cへの変換ケーブル、右は左のRS232Cケーブルと接続し無線機のキーイングジャックに挿すためのケーブルです、念のためノイズフィルターを付けておきました。
インターフェイスはDSCWの説明通りの抵抗とトランジスタが各1個を使った簡単なものです、RS232Cのジャックの中に組み込んでいます。

 テストもうまくいきました、これでいつでも運用可能です。
もっぱらデジタルモードでの運用なので、出番はいつ来るのやら・・・

ラベル:dscw CW IC-7200
posted by Beny at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして、当方も最近7200でJT65をやり始めました。そこでついでにDSCWもやってみようかと思っています。USBケーブル一本では無理なんでしょうか?もしよかったら具体的接続方法と設定教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。
Posted by 内山 正 at 2017年02月13日 08:04
こんにちは

IC-7200ではUSBケーブルだけでのCW運用はできないと思うんですが・・・
オプションのCI-Vを使えばできそうな気がしますが、説明に記載されているインターフェイス(抵抗とトランジスタが各1個)を使ったほうが簡単なので、プラグの中に組み込んで使っています。
受信音はUSBケーブルでPCと繋いでいます、ケーブル1本だと楽なんですけどね。
ただ、QRZ.COMのフォーラムにはFLDIGIというソフトを使えばキーボードを使ってCWの運用ができると書かれています。
RTTYやPSK,Oliviaなどのいろんなデジタルモードが運用できます、他のPCにインストールしていますが少し試しただけでよくわかりません。
確かに運用モードにCWはありますが、試したことはありません。
フリーソフトなので試してみるのもいいかと思います、すべて英語ですけど・・・


無線はこの頃サボり気味ですが、聞こえていましたらQSOお願いします。


Posted by Beny at 2017年02月13日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック