2017年07月30日

新しい無線機が仲間入り

 新しい無線機が手に入りました、と言っても中古での購入ですが。
ICOMのIC-Q7といいます、144MHz/430MHzのデュアルバンド機です、単3の乾電池と比べての大きさです。

q7-1.jpg

 単三電池が2本で動きます、当然ですがQRP機でして300mw程度の出力です。
受信は30MHz〜1300MHzと広帯域受信が可能です、ハンディー機より軽くて小さくて持ち運びに便利そうです。
外部電源が使えないのが残念なところですね。

 ところがこの子の調子がちょっとおかしかったんです、音は出てるんですがちょっと小さく歪んでいました。
イヤフォンで聞いてみると普通に聞こえるのでスピーカーがおかしいようです、ちょっと中を覗いてみましょう。
乾電池を取り外しネジを2本外せば裏蓋が開きました、部品が小さいです・・・
スピーカーはちょうど電池の下になります、接着剤で固定されています。
接着剤を削り落としスピーカーを外してみました、直径は35mmで厚みは4mmぐらいです。
100円ショップで買ったものがサイズ的には良かったのですが厚みが倍ぐらいあるので蓋が閉まらなくなります。
何年か前に買った長方形のスピーカーが使えそうです、ノートPCのスピーカーのような気がします。

q7-3.jpg

 左がもともと付いていた物で右がこれから取り付けようとするものです、4隅をカットすればなんとか入りそうです。
周囲にゴムカバーがついているので接着しなくても簡単には動かないようです。

q7-2.jpg

 いざテストです、良くなりました、これで使えるようになりました。
あとはイヤフォンです、4極のプラグが必要です、また買いに行くことにしましょう。

 この子を連れてどこへ行く・・・?




posted by Beny at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック