2017年09月02日

IC-2300でAPRSの世界を覗いてみた

 ジャンクで買ったままのIC-2300をどうしようかと思いながら、とりあえず簡単な部品交換をして使える(?)ようにしてみた。
状態としては、この機種おなじみの液晶表示不良とスケルチボリュームの不良です。
液晶は文字が欠けたり操作していない機能の表示がされたり好き勝手に表示が出ます、スケルチは全く効かずにノイズが出たままになります。

ic2300.jpg

 とりあえず同じサイズのボリュームを買ってきて交換しました、同じものは手に入らないので送信出力のハイとローの切り替えは出来なくなりました。
液晶は頑張っても無駄なようなので、諦めることにしました。

 さて、この無線機をどう使うかが問題です、周波数が読めないので変えなくても使えるようにすればいいんじゃないのかってところで・・・
WiresかAPRSが候補に上がってきます、Wiresは時々聞いているので未知のAPRSの世界を少し覗いてみることにしました。
知識はほぼ0です、Google mapでAPRSを運用している局が見れるのを知っている程度です。
144.66MHzで「ピー・ギャー」とパケット通信音が聞こえています、聞こえるとやり取りの信号の中を見てみたくなります。

 残念ながらTNCは持っていないのでPCにソフトをインストールして代用することにしました。
AGWPEがよくつかわれているようなのでインストールししてみました、ところが肝心のサウンドカードを認識してくれません。
別のPCでも試したのですが、同様にサウンドカードが何も無いようになってしまいます、どこか設定がおかしいのかな?
うまく行かなければ即 別の方法を探ってみます、Linuxでなにかあるかなと探せば「DireWolf」というソフトがあります。
Ubuntuソフトウェアセンターから簡単にインストールすることが出来ました、起動させると何やらエラと出てきました、何でしょうね・・・

 わからないものは無視して無線機の外部スピーカー端子からPCのマイクに信号を入れてみます、なにか受信しているようですが画面には何も出ません。
何を受信しているのかケーブルを外してみるとFMでおっさんが喋っていました、データ通信のところで出ちゃだめだよ!
コールも言わないし迷惑な連中ですね・・・

 気を取り直し静かになったところで再開、今度は1200bpsの信号です、ちゃんと?表示が出てきました。
このデータはどう見るんでしょうね、経度や緯度、標高やJCCなどは分かるんですが不明な記号(?)も表示されます。
中継局やウェザ情報局も見えてきます、うちのアンテナではちょっと距離的に無理じゃないって所からの信号を拾っています。
どこかの中継かな? UIDIGIだのとわからないものも出てくるし。

 ちょっと勉強しないといけないですね、少し涼しくなってきたことですし・・・


posted by Beny at 12:43| Comment(0) | 無線の小部屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。